もしも、認知症になっても、住み慣れたまちで「安心」して暮らしたい・・・
認知症は誰にでも起こりうる「脳」の病気です。私たちは、認知症について正しく理解できているでしょうか?
認知症について、学んでみませんか!!
*平成27年度より東根市地域包括支援センターで開催しております。

 以前に開催された講座のチラシはこちら →認知症サポーター養成講座ちらし.pdf



「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
とくに認知症サポーターには何か特別なことをする人ではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になり、自分のできることをしていただければいいのです。たとえば、「友人や家族にその知識を伝える」「認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める」「隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする」など活動内容は人それぞれです。
なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指します。


認知症の正しい理解と認知症の方への接し方が中心です。認知症とはどのようなものなのか、また、認知症の方にはどのように接したらよいかということを中心に、ビデオ・DVDによる映像などを交えながらお話しさせていただきます。


東根市社会福祉協議会では、東根市より委託を受けて、認知症サポーター養成講座を開催する支援を行っています。受講人数に規定はありません。開催を希望する日から概ね1か月前までにお申し込みください。また、講師料などの講座開催にかかる費用は原則かかりません。なお、東根市社会福祉協議会での開催予定回数に限りがございますので、早めにお問い合わせください。


「認知症サポーター養成講座」の講師の資格をもった「キャラバンメイト」が担当します。「キャラバンメイト」とは、講座を開催するための研修を修了した人で、高齢者福祉などの仕事に携わっている人や認知症介護実践リーダー研修修了者、介護相談員などです。


これまで、認知症サポーター養成講座を受講した団体、企業はこちら→ 実績表.pdf
これらの団体・企業には、認知症サポーターがいることの証として、「認知症サポーターステッカー」を交付しております。
 
 

 

 
 
このホームページは、
赤い羽根共同募金の配分金で作成しております。
 
社会福祉法人 
東根市社会福祉協議会

〒999-3711 
山形県東根市中央一丁目3番5号
TEL 0237-41-2361(代表)  
FAX 0237-42-1350
 
COUNTER504541