「生活自立支援相談窓口」では、
“経済的な問題で生活に困っている”“仕事がみつからない”“家賃を払えない”“家族のことが心配”“社会に出るのが恐い”“将来が不安”“どこに相談したらいいかわからない”などの悩みを抱えている方に対し、その方のペースに合わせて一緒に問題に取り組み、解決につなげます。
☆対象となる人は?(相談内容は問いません)
◇最低限の生活の維持が困難になるおそれのある方(生活保護を受けていない方)
◇生活上の困難に直面している方
◇社会的な孤立状態でお悩みの方  など


 近年、生活保護受給者の増加や雇用状況の変化、人間関係の構築がうまくいかない問題(不登校やニート・引きこもり)など、経済社会の構造的な変化の中で、個人は今やだれもが生活困窮に至るリスクに直面しているといえます。こうした生活困窮状態にある方々を支援していくため、平成27年4月から『生活困窮者自立支援法』が施行されました。
 当会でも東根市からの委託を受け“生活自立支援相談窓口”を開設しています。相談内容は、様々な問題が複合的に絡み合っている場合が多く、相談者本人や家族からの相談以外にも、市役所の関連機関や福祉サービス事業所、地域住民など、幅広い方々からご相談をいただいています。 
*周囲の人で生活に困っていたり、どうにもならない事情で大変な状況に陥っている(陥る可能性がある)人がいれば、相談窓口にご相談やご案内していただければと思います。
☆ どんなことをするの?
相談窓口では一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員があなたに寄り添いながら、他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行います。
自立相談支援事業
あなただけの支援プランをつくります。

生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずは相談窓口にご相談ください。支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かをあなと一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。
 住居確保給付金
家賃相当額を支給します。

離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。
来所相談だけでなく、お電話、自宅訪問による相談も可能です。生活福祉資金の貸付相談やフードバンクによる緊急的な食糧支援も行っています。
相談は無料です。



詳しく知りたい方はこちら → 厚生労働省へ
チラシはこちら→ 東根市生活自立支援窓口チラシ.pdf
 
 

 


 
 
このホームページは、
赤い羽根共同募金の配分金で作成しております。
 
社会福祉法人 
東根市社会福祉協議会

〒999-3711 
山形県東根市中央一丁目3番5号
TEL 0237-41-2361(代表)  
FAX 0237-42-1350
 
COUNTER521246